油汚染対策サービス
home > 油汚染対策サービス 
油汚染とは
油汚染対策サービス
  油汚染とは
   
 


油汚染は土壌汚染対策法で定められている有害物質ではあり
ません。しかし、油膜油臭という見た目、臭いの不快感とい
う観点から最近 ではガソリンスタンド以外でも工場や商業施
設跡地の汚染土壌の1つ として対策されるケースが増えてい
ます。油汚染は工場だけでなく、 大型の施設などでも見られ
ます。その理由として重油ボイラー等か らの漏洩というのが
挙げられます。

  油汚染問題発見の契機
 

●自身の敷地内の地表や井戸水等に油臭・油膜が生じている場合


●周辺の土地または周辺の井戸水に油臭・油膜が生じていて、
 その原因が自身の敷地にある油含有土壌だと認識した場合


油汚染に対する指針として「油汚染対策ガイドライン―鉱油類を含む土壌に起因する油臭
・油膜問題への土地 所有者等による対応の考え方
」があります。このガイドラインでは、
油汚染に対する調査・対策の基本的な考 え方がまとめられています。
土壌汚染対策法と油汚染対策ガイドラインの比較
名称
土壌汚染対策法
油汚染対策ガイドライン
目的
 人の健康被害の防止
 生活換気用保全上の支障を除去
対象物質
 鉛、砒素、トリクロロエチレン等の
 特定有害物質(25物質)
 鉱油類:ガソリン、灯油、軽油、重油等の
 燃料油と機械油、切削油等の潤滑油等
調査の契機
 ・特定施設の廃止時
 ・都道府県知事の命令(3,000m²以上の
  土地の形質変更含む)
 ・土地所有者等が油膜を発見、油臭を
  感知した時等
 
  油汚染対策フロー
 
油汚染問題であるか否かの確認と油汚染問題の発生状況の確認を行います。
  油含有土壌の存在範囲を把握します。その後対策スキームを策定し、状況把握調査を取りまとめ保存します。
  対策を講ずべき対象、今後の土地利用方法等を確認・策定し、対策目標値を設定します。その後対策方法を選定します。
  計画に則って対策工事を実施します。 対策が完了したら、記録の作成、 及び保存を行います。
 ※上記フローは「油汚染対策ガイドライン」に則った方法であり、
  必ずしも上記通りに実施しなければならないわけではありません。
 
  油汚染対策サービス
 
調査・分析サービス
  資料等調査及び現地への踏査により汚染調査を行います。
また、試料を採取し、油臭・油膜の分析を行います。(TP|H分析含む)


  
対策サービス
汚染状況に応じて対策工事をします。対策計画を立案し、予め浄化の目標値を定め、その目標値を達成する様々な手法をご提案、実施します。
  対策技術
   セメント再資源化バイオレメディエーション酸化法石灰等を利用した工法
 ガス吸引洗浄加熱処理溶融
 
 
 
バイオレメディエーション 掘削原位置オンサイト
概要
微生物を用いて汚染物質を分解する方法です。第一種特定有害物質だけでなく、油類の対策としても多く利用されています。浄化期間は長期に渡りますが、多くの場合、対策コストが掘削除去等に比べ抑えることができます。
 
散布状況
攪拌状況
     
 
小冊子贈呈
無料相談問い合わせ
職業別 土壌汚染対策
汚染物質別 土壌汚染対策
土壌汚染対策法
土地更地化サービス 別府土建
土壌汚染対策サービス
別府土建のサービス
よくある土壌汚染対策 Q&A
区域指定の状況
スタッフ紹介
関連法令と条例
REP九州
   
 
メールでのお問い合わせはこちら
株式会社 別府土建